風俗店で良い関係を築くためには

男性であれば、誰でも一度位は風俗店を利用した事がある、もしくはしたいと思った事があるのではないでしょうか。

 

 

しかし、風俗店は男性の欲望を掻き立てるだけでなく、まるで夢のような世界がそこには広がっています。

 

 

中には夢と現実の線引きが上手くできずに、楽しみ方を間違えてしまい、二度とそのお店に遊びにいけなくなってしまう男性もいるようです。

 

 

 

このような失敗の裏には、どのような事情があるのでしょうか。

 

 

まず、風俗嬢は初めて会った時から、どんな男性に対してもにこやかに優しく接してくれるでしょう。

 

 

この優しさもサービスのうちだと言う事を割りきれない男性は大抵失敗してしまいます。

 

 

 

まず、お気に入りの風俗嬢がどんなに優しくしてくれても、自分に気持ちがあると勘違いしてはいけません。

 

 

あくまでも、その時間だけをおもいっきり楽しむ時言った方向で、サービスだと割りきって楽しみましょう。

 

 

 

それでもついつい1人に夢中になりがちな男性でしたら、風俗店は星の数ほどありますので、2〜3店舗をローテーションで遊ぶようにすると、気持ちも分散されますので、一点集中を防げるかもしれません。

 

 

 

そして、女の子のプライベートに入り込もうとしたり、携帯電話の番号やアドレスを強引に聞いたり、お店の外で待ち伏せしたり、過剰に焼きもちを焼いてしまう男性は、風俗店と長く良い関係を築けない場合が多いので、その点を注意して上手に風俗を楽しんでいきましょう。

定期的に店に通う事が大切です

お気に入りの風俗嬢を見つけると、その店に何度も通うようになりますよね。

 

 

わたしも錦糸町のE+というデリヘルには定期的に通っています。

 

 

そうやって定期的に店に通うと、お店の人に顔も覚えられるし、結構サービスして貰えたりします。

 

 

 

例えば、お気に入りの子が欠勤したり辞めてしまった後でも、その子に似たタイプの子を紹介してくれたり、新人でいい子が入ると真っ先に連絡が入ったり。

 

 

こんな事をして貰えるのも、頻繁にお店に通って指名を続けたおかげです。

 

 

 

店側としたら、定期的に店に通ってくれるお客さんは、売り上げの計算もしやすいですし、上客として逃がしたくないものです。

 

 

ですから、他店に取られないように、サービスもしてくれるみたいですよ。

 

 

 

ただ、そんないい関係も、ちょっとの事で崩壊してしまう事もあります。

 

 

例えば、風俗嬢に嫌われた場合です。

 

 

常連客になると、自分は特別な客だから何でも許されるなんて思い上がった考え方に陥る人もいて、そういう人は無理矢理本番を強要したりします。

 

 

 

それで風俗嬢とトラブルになると、いくら常連客であっても、店は厳しい対応をするしかありません。

 

 

実際にわたしの知り合いは、出入り禁止処分を食らった事があります。

 

 

 

いくら常連でも、少しの事で信頼関係は崩れてしまいますから、店といい関係を続けたければ、風俗嬢とトラブルを起こさない事が大切です。

風俗店と長く付き合うコツ

風俗店と長く良く付き合うコツは、優良店を見つける事です。

 

 

当たり前の事ですが、ぼったくり店は、何回も通おうと思わないですよね。

 

 

何度も通いたいと思うからには、サービスが良くて可愛い子が沢山いる優良店だからです。

 

 

 

ですから、一つの店とじっくり付き合うなら、そういう優良店を見つけましょう。

 

 

 

優良店は、女の子の質もよいですがスタッフも感じのいい人が多い傾向があります。

 

 

感じのいいスタッフだったら、お客さんもコミニケーションを取りやすいですよね。

 

 

そうやってお店のスタッフと仲良くなっていれば、大型新人が入った際はすぐに教えてくれるかもしれません。

 

 

 

実際に、私もある風俗店の常連なんですが、その店はホームページに新人情報を更新する前に私に教えてくれます。

 

 

他の人が指名する前に、新人をためし喰いできるのでとても助かっていますよ。

 

 

 

こんな関係になれたのも、お店のスタッフと親しい関係だからこそです。

 

 

また、こちらもお店のために、友人を連れていって常連さんにしてあげたり、お店の売り上げが欲しい時は率先して店に通ったりして貢献もしています。

 

 

そういう持ちつ持たれつの関係を続けていると、長くよい関係を続けていけるのではと思います。

 

 

時間はかかるかもしれませんが、まずはトラブルを起こさず頻繁に店に通う事から初めてみましょう。